自倍責保険についてカテゴリの記事一覧

自倍責保険とは?

自倍責保険ってよく聞きますよね?
いったいこの保険とはなんでしょうか?

この記事では、自倍責保険について詳しく解説したいと思います。


まずは、この保険の正式名称です。
正式には、『自動車損害賠償責任保険』と名づけられています。
巷では、政府保障事業、別名、Overturemonitor自動車保険と呼ばれています。

これなら、聞いたことある方は多いのではないでしょうか?

この自倍責保険は、日本の法律の損害賠償補償法というものに基づいており、事故時に、日本という国が自倍責保険の規定に定められた損害額を被害者に支払ってくれる保険です。

もっと、完結にいうと、交通事故に遭われた被害者や、遺族に対して、最低限の補償金を国が出してくれるものです。

自賠責保険は、車(バイク含む)の所有者全員に日本という国から、加入を義務づけられています。
ですから、この自倍責保険に入らないと、数年に一度ある車検に通ることが出来なくなる=運転できない、となります。

もちろん、加入していないと刑事罰があり、もし、この保険に入らなくて車を運転した場合、懲役一年以内、50万円以下の罰金、といった刑事罰があります。

また、この自賠責保険の証明書を自動車に保管していないと、30万円以下の罰金という、罰金刑もあります。
(さすがに30万円という金額は大金ですので、常識ですが、絶対に車の中に、証明証は入れておきましょう)

おまけとして、道路交通法違反になり、点数が6点引かれてしまいます。

保険料は、車の種類によって変わって来ます。
  • 車の排気量
  • 車の用途
  • 保険期間
などが、関わってきます。

例えば、排気量660ccの軽自動車などは、この保険は安いですが、セルシオ、クラウン、センチュリーなどの高級車になってくると、自賠責保険は、当然ながら高くなります。

この保険は、最低限の補償はあるといっても、あくまでも『人』に対する保険ですので、電柱を壊したり、店につっこんだり、線路につっこんだり・・・などの物損事故についての補償はされません。

また、支払いの対象になる方は、被害を被った運転手以外の方のみで、本人には自倍責保険が支払われることは一切ありません。

一番厄介なのは、この保険は最低限の補償制度ですので、最高でも3000万までしか支払われません。(死亡事故、重度の後遺症で3000万、傷害事故で最大120万)

通常、相手に多大なダメージを与える事故を起こした場合、1億を超えることも少なくありません。

そのため、この保険しか入ってないと

1億ー3000万=7000万

残りの7000万は、自腹で払わないといけません。

普通、この金額をポイポイ払えるような人はいませんよね・・・。

そこで、必要になってくるのが、任意保険です。

バイクの自倍責保険料

バイクの自倍責保険料は通常の自動車に比べて安いとです。下記にその情報を載せていますので、自動車保険の参照にしてみてください。

原付バイク(通常ゲンチャリ)の場合、車に比べて、約2倍くらい安いです。
やっぱり、バイクも大型になると、ちょっと高くなってくるようです。
中型バイクが一般的ですね。

ただ、バイクは車種に限らず、結構事故率が高く、中でも自損事故などが結構高いようです。

こういった、場合に備えて、バイクも自賠責保険だけではなく、しっかり任意保険も検討することが重要です。


自賠責保険料金のまとめ
自家用乗用車の自賠責保険
  • 12ヶ月:18020円
  • 13ヶ月:19090円
  • 24ヶ月:30830円
  • 25ヶ月:31880円
  • 36ヶ月:43390円
  • 37ヶ月:44410円
原付バイク(原チャリ)(125cc以下)
  • 12ヶ月:7580円
  • 24ヶ月:10140円
  • 36ヶ月:12650円
  • 48ヶ月:15100円
  • 60ヶ月:17510円
バイク 125cc超250cc以下(軽二輪)
  • 12ヶ月:9760円
  • 24ヶ月:14460円
  • 36ヶ月:19070円
  • 48ヶ月:23590円
  • 60ヶ月:28000円
バイク 250cc超(小型二輪)
  • 12ヶ月:12670円
  • 24ヶ月:20240円
  • 25ヶ月:20860円
  • 36ヶ月:27650円
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。